四日市店
「全国39店舗展開中」「年間相談実績8,000件以上」

お電話はこちら

059-351-0711

10:00~18:00
火・水曜定休

お知らせ

INFOMATION2021.12.11
大失敗する見学の仕方! 5選

ハウスメーカー・工務店を見学される際の「ご注意点、やってはいけない事」をご紹介させていただきます。

参考にしていただけましたら幸いです。

 

 

失敗例5選

 

①30分以内で見学を終わらせる

「短時間で要点だけ聞きたい」という気持ちはわかるのですが、

30分以内で会社や商品の特徴を説明することは不可能です。

 

まともな説明であれば、会社概要だけでも30分掛かります。

仮に30分以内で説明を受けても、その会社の本当の魅力は理解できません。

見学の仕方としても少し失礼です。

 

せっかく見学されるのでしたら2時間くらいは想定して、しっかり会社の特徴や商品の魅力を聞きましょう。

 

<所要時間の目安>

・モデルハウスの見学 30分

・会社概要・商品の特徴 60分

・ご希望のヒアリング&回答 30分

 

 

 

②予算を低めに伝える

営業されることを警戒して、予算を実際よりも低めにお伝えされる方も多いです。

しかし、その結果、デメリットがたくさんあるのでご注意です。

 

□デメリット

・間取りや提案内容が大きく変わる

・その会社の本来の提案力がわからなくなる

・探す土地のエリアが見当違いな場所になる

・忙しい営業さんだと対応してもらえなくなる

 

「限界予算」が明確な場合は、予算を越えたら諦めることを最初にお伝えして、

良い提案、接客を受けることがお勧めです。

 

 

 

③上から目線の態度

高い見積りを出される危険性があります。

理由は契約したくないからです。

契約に困っている営業さんは別ですが、

人間ですので感じの悪いお客様とは契約したくないと思うのが自然です。

人として向き合える信頼関係をつくることも大切です。

営業担当者を味方にする方が最終的に得します!

 

 

④建てるのは「まだ先」と強調する

しつこい営業を警戒して「まだ先です」と言われる方も多いです。

あまり強く「まだ先」を強調するのもデメリットがあります。

 

◎営業さんの本音

・「まだ先」か、今月契約予定のお客様の準備が忙しいから早く帰ってもらおう。

・毎年商品と価格がどんどん変わるから、「まだ先」なら説明しても意味ないな。。

 

実際、毎年価格改定があり、どこのハウスメーカー・工務店も約50万は毎年値上がりしています。

商品の改定もある為、見学が早すぎると参考にならない危険性はあります。

 

事情があり、本当に「まだ先」の場合は、

あまり強調せずに「早く建てたい気持ち」と、「今すぐ建てられない現状」をお伝えしましょう。

 

 

⑤他社の間取りで見積りだけもらおうとする

ただ「金額を比較したい」という理由で同じ間取りで見積りを取ろうとする方もいますが、

これもお勧めできません。

 

構造や工法によって提案できる間取りは変わりますし、

間取りの提案力も含めて判断する必要があります。

 

又、仮に同じ間取りでも木材や断熱材、標準仕様、会社の安定性の違いもあります。

単に金額の比較でお家を建てるのは難しいです。

 

「各社に同じ要望を伝えて、どんな間取りを提案されるか確認する」

これをすることで、提案力やヒアリング力がわかります。

予想外な良い提案で驚くこともあります。

 

たくさんの会社と打合せするのは大変ですので、

間取りと見積りを依頼するのは2~3社に絞りましょう!

 

 

 

 

「注文住宅の相談窓口 四日市店」では、

「店長さんや営業責任者、トップセールスの方を指名」して担当して頂きます。

効率良く、良いご提案を受けられるようサポートいたしますので、迷われた際は気軽にご連絡ください。

 

住宅営業経験者が担当ですので、中立の立場でデメリットもお伝えさせて頂きます。

 

 

お悩みの方は気軽にご連絡下さいませ。

ご予約はこちらです↓

個別相談お申込み | 注文住宅の相談窓口 (shinchiku-chuumon.com)

TEL:059-351-0711

戻る

無料相談
お申込み