四日市店
「全国39店舗展開中」「年間相談実績8,000件以上」

お電話はこちら

059-351-0711

10:00~18:00
火・水曜定休

お知らせ

INFOMATION2021.08.08
よくあるお家づくりの失敗例 その②

私の経験上で皆様へ「よくある失敗例と対策」をご紹介致しますので、

参考にしていただければ幸いです。

 

失敗例

①とりあえず住宅展示場に行って勉強しよう!

②まずは資料請求してカタログを集めて勉強しよう!

③たくさん見学したけど、どの営業マンも良いことを言うのでわけがわからなくなってきた・・

④土地を見つけてから住宅会社を探そうかな。

⑤契約後に金額がどんどん上がってしまう。

 

 

②の何がいけないの!?

失敗例の①と同様の理由ですが、実は資料請求をした時点で担当の営業マンが決まります!

お客様からすると、「顔も見たことない人なのに、いつの間にか担当者として決まっているのです。」

これは実際に住宅会社で勤務した経験がある人間しか知らない事ですが、

会社に資料請求が届いた時点で責任者から部下の営業マンに「名簿登録」をするように指示をします。

そして、通常は時間的に余裕がある営業マンに渡します。

「時間的に余裕のある営業マン」つまり、あまり売れていない営業マンの可能性が高くなります。

(あくまで可能性です)

「名簿登録」された時点で、その住宅会社のどこの店舗に見学に行っても担当者がすでに決まっているので変更はありません。

「なぜ名簿登録をするの?」というと、社内でお客様の奪い合いになることを避ける為です。

住宅営業はコミッション(歩合給)が大きいので、社内で担当を明確にする必要があるのです。

そして、一括資料請求をした途端に「営業の電話がたくさんきて、見学する前に疲れた」という方が多いです。

 

【②の解決方法】

よくあるカタログの一括請求は避けて、ホームページをじっくり見る。

そして、「注文住宅の相談窓口」では、ご紹介の際に責任者の方やトップセールスマンを指名して担当して頂いております。

お家づくりの進め方でお悩みの方は、気軽にご連絡下さいませ。

 

ご予約はこちらです↓

個別相談お申込み | 注文住宅の相談窓口 (shinchiku-chuumon.com)

TEL:059-351-0711

 

戻る

無料相談
お申込み